まだイケる。

So far so good.

私流格安SIMのススメ

やあNaonosukeだよ。

早速映画とは関係の無い話だけど、ジャンルを絞らず関心のある話題で書いていこうと思うよ。

今回はスマホの話です。

 

20170526225525

 目次

 

キャリアの逆襲

テレビで見ましたが、ドコモが料金を1500値下げする「ドコモwithプラン」を開始したそうですね。

私もドコモを使っていた頃は7000円ちょっと掛かっていたので-1500円、つまり5500円になるわけですね!これは安い!ドコモは神!と言いたいところなんだけど…

 

docomo with」対象端末購入日から適用
(月途中に「docomo with」対象端末を購入の場合、割引額は日割り)

以下のいずれかに該当した場合、翌月から適用となります。

  • 必須パケットパックを「翌月から適用」とした場合
  • 月々サポート及び重畳適用不可のキャンペーン割引2を適用中の場合

 

www.nttdocomo.co.jp

より

 

ほうほう、対応機種を購入すれば月額料金1500円引なわけですね・・・

 

その対応機種は富士通の「arrows Be」とサムスンの「Galaxy Feel」の2機種だそうです。有名なメーカーのスマホが対象なんだね!すごい!

今すぐ太っ腹なドコモさんへ行って契約するよ!

 

(キャリアは主にドコモ、auソフトバンクを指す言葉ですね)

 

 主力機種はいずこへ

 

…すみません、嘘なんだ。

 これから対応機種が増えていくと信じたいですが、このラインナップはひどいと思うんだ。

 

Xperiaはどうした?Galaxy S8はどこいった?iPhone7なんてなかったのか?

そう思わざる得ないラインナップの少なさです。

 

何も知らないユーザーからすれば朗報かもしれませんが、私にはとてもそうは思えません。

 

あとは例に漏れず「2年縛り」もあるしね。

1.(僕と2年間契約を約束してくれたら機種代をタダにしてあげるよ!でも途中で解約したら残りの機種代と約束破った代金として1万円もらうね)って制度。

ちなみに2年契約しきったとしても

2.(機種代は無くなったけど、そんな古い機種持ってても新しい機種と料金変わらないんだよ?だったらさ、僕がタダにしてあげるから新しい機種契約しなよ!)→1へ

 

という仕組みです。

 

 

まだ月7000円も払っているのですか!?

煽りのような見出しを書きましたが、私もそうでした。

ドコモはNTTだし倒産はしないから大丈夫だろ…とは思っていました。ネームバリューってのはすごい。何も疑わずに7000円ちょっとを払い続けていました。

 

で、ある日図書館の情報系雑誌だったでしょうか、それを見て携帯代が月2000円になるといった記事を見ていました。

当然月々の通信代が1/3以下になるわけですから食いつかない理由がありません。

 

最近はCMでもMineo(マイネオ)とかUQMobileとかやってて有名になってきましたね。

そう、MVNO、通称「格安SIM」ですね。

 

XperiaだってGalaxy S8だってiPhone7だって月々2000円で使えます。

 

MVNO格安SIM

20170526224723

 

 

とはいってもCMでやっているMineoとかUQMobile、こいつら何者だよ!って思うと思います。

いくら安くなっても意味不明な会社だったら怖いですよね。

 

しかし安心してください。

Mineoは「eo光」で有名なケイオプティコム、元をたどれば関西電力です。

UQ Mobileは「au」の子会社です。

LINE MOBILE とかイオンモバイル だったら説明するまでもありませんね。

 

色々な格安SIMの会社はありますが、CMでやっているこの二社はネームバリューとしては十分な価値がありますね。

 

自分も格安SIMにしてみようかな…でも格安だからデメリットとかあるでしょ?

 

はい、あります。

人によっては重大なデメリットでもあるし、人によっては気にならないデメリットです。

(反対に考えてそのままキャリアのメリットと思ってもらえればいいです。)

 

格安SIMのデメリット/キャリアのメリット①・・・音声通話の掛け放題がない/ある

 

 これは人によっては致命傷かもしれません。私は電話掛けない・掛からない人間なのでそんなに気になりませんが。

一応、5分掛け放題などというサービスを実施している会社もありますが、本当の掛け放題とは言えませんね。

 

それにそこそこ値段がします。キャリアの掛け放題+格安SIMの二台持ちが良いのではないかと思います。それだけ音声通話するならスマホのバッテリーだけでは不安だと思いますし。

 

格安SIMのデメリット/キャリアのメリット②・・・音声通話が高い/安い

 

 

これもよく通話する人にとっては致命傷かも知れませんが、ほとんど通話しない私にとってはそんなに深刻ではありません。

そして先述のようによく掛けるなら二台持ちが最強だと思います。

 

 

いや、でもそんなに普段はそんなにしないけど、時々するよって人

 

 IP電話を使えば良いと思います。「050 Plus」とか「LaLa Call」といったアプリがあります。

(私は「LaLa Call」を使っています 携帯相手なら30秒8円、普通の音声通話だったら30秒20円だね)

 

あとはLINEの通話とかSkypeもあるね。お互いの連絡先を知っている友達相手とかならこれがいいね。(無料です)

私もこのIP電話を愛用しています。

安く電話できるし、これで十分です。

(110番に電話できないとか、一部のフリーダイヤルに掛けれないなどのデメリットはあります)

 

 

格安SIMのデメリット/キャリアのメリット③・・・通信速度が普通/早い

 

 

これは時間帯によります。

格安SIMは平日の正午ごろ12時から13時頃が特に繋がりにくくなります。

とはいっても全く繋がらないって事は無いです。遅いだけ。

 

しかし、それ以外の時間ではYoutubeニコニコ動画も問題なく見れます。

(私が試した事が無いので平日のお昼でも見れるかもしれません)

通信速度こそ全て!って方からすると大きなデメリットかもしれません。

 

そういう方はモバイルルーターを持ち歩けって言いたいところですが・・・(WIMAXとかですね)

 

格安SIMのデメリット/キャリアのメリット④・・・キャリアメールがある/ない

@docomo.ne.jpとか@softbank.ne.jpとかですね。

やはりGoogleメールやYahooメールなどのフリーメールに比べるとお金払って取得しているわけですからメールアドレスの信用度は高いかもしれません。

フリーメールだと迷惑メール扱いされるかもしれません。

 

でもやはり、これも人によると思います。

私はフリーメールで困ったことが無いのでデメリットにはなりません。

 

 

格安SIMのデメリット/キャリアのメリット⑤・・・会社の将来

先ほども書きましたが、mineoやUQ Mobile、LINE Mobileなどの大手企業がやっているところなら問題ありません。

しかし今では格安SIMの会社は数百社あると言われています。

小さな会社が経営している格安SIMではサービス終了などのリスクがあるかもしれません。

 

一方でキャリアはMVNO格安SIM企業に電波を貸している側なので潰れれば格安SIMの会社も共倒れする。つまりそうそう潰れないという安心感があります。

 

これも何度も言いますが、親会社がしっかりしている会社で契約すればいいと思います。

 

 格安SIMのデメリット/キャリアのメリット・・・⑥初期設定・サポート

 

 

格安SIMは申し込んだら、SIMカードが送られてきて付属の説明書を見ながら設定してね!っていうパターンが多いです。(店頭などで申し込むと教えてくれるかもしれませんが、あまり無いですね)

特に電話番号を移すMNPはネット受付でも受付時間等の制約もあり、慣れている私でもめんどくさく感じます。

 

一方でキャリアはショップに行けば1から使えるようになるまで親切に教えていただけます。

ここ器械に強くない人には大きな壁でデメリットかもしれません。

 

 格安SIMのメリット

 

やはり格安SIMのメリットは月額料金の安さですね。

特に致命的なデメリット(全く繋がらなくなるなど)も無く、料金が1/3以下になるわけですから。

(電波はドコモやauのを使っているので電波の範囲はキャリアと同じです)

 

結局はキャリアのメリットに月々5000円分(一年で60000円)の価値を見出せるかですね。

こればかりは人それぞれだと思います。

 

 

 じゃあ、おすすめの格安SIM会社は?

20170526225244

 

mineo(マイネオ)おすすめですね。

・使っていて大きなデメリットも無い

・会社もしっかりしている(関西電力)

・毎月データ量を+1GBできる

・ユーザー同士の交流が盛ん(=分からない事を聞ける)

 

 他にも様々な会社がありますが、音声通話付きのプランでしたらどの会社もさほど変わりません。

格安SIM入門として私はmineoをおすすめしたい。

 

 

 

 

音声通話を契約しないデータSIMの契約になってくるとまた話が分かってくるのですがそれはまたの機会に書きたいと思います。

 

読んでくれてありがとう。