まだイケる。

So far so good.

電卓完全攻略法


やぁNaonosukeだよ。

いきなりですが、電卓の使い方はご存知ですか?

 

20170531223843

 

 

 

目次 

 

 

 

 

・電卓の使い方は知っていますか?

 

今や100均でも買える電卓ですが、使い方をご存知でしょうか?

お前は何を言ってるんだ。とあなたは返すと思いますが、どうか落ち着いてください。
私の知らなかった機能を今回は紹介していきたいです。


と、いうのも電卓に付いている、「M-」とか「M+」とか「MR」とか「MC」、あとは「GT」ってボタンがあるじゃないですか。

高価な電卓だけではなく、安価な電卓にも付いてますね。
もしかしたら100均の電卓にも付いているかもしれません。


・好奇心の果てに


で、私はこのボタンが何のボタンか判らず「きっと電卓ガチ勢用のボタンなんだろう」と

にわかデンタカーの私は触れることさえもは許されないボタンだと思い、見て見ぬふりをしてきました。


しかし先日、どうしても何のボタンか気になって仕方なかったので調べました。

すると、とんでも無く便利な機能だった事に気付きました。
これはガチ勢にわか関係なくみんなに知ってほしい機能だと思い記事にしました。


以下使い方を書いていきます。


・電卓完全攻略法


・「M-」、「M+」キーの使い方

画面に表示されている数字を電卓の記憶機能「メモリー」に減算、加算します。

・「MR」、キーの使い方

記憶機能(メモリー)に記憶されている数字を表示します。

・「MC」キーの使い方

モリーの数字をリセットして「0」にします。


・4つのキーを使おう

 

①例えば「256」と入力して「M+」キーを押したあと「MR」キーを押すと「256」と表示されます。

②さらに「M+」キーを押してから「MR」を押すと「512」と表示されます。

③またここで「12」と入力して「M-」キーを押したあと「MR」キーを押すと「500」と表示されます。

④「MC」キーを押したあと「MR」キーを押すと「0」と表示されます。


どういう事かと言うと電卓が舞台裏で計算してくれていたって事ですね。

①0+256=256

②256+256=512

③512-12=500

④a-a=0


なんだかよく分からないし、普通に足したり引いたりしたら良いじゃんって思いますよね?
次に主な使い方を書きます。


・主な使い方

 

例えば9600円のものを6個と34500円のものを4つと25600円のものを3本買うとします。

モリー機能を使わなければ最初の9600×6=57600円の答えを暗記するか、何処かに書いておかないといけません。
でないと次の34500×4と25600×3の計算ができませんからね。


1つや2つならまだしも買うものが10種類とかなったらとても覚えられませんよね。
ここで「M+」キーの出番です!


9600×6=57600円の答えが出たあと「M+」キーを押して次の34500×4の計算を始めちゃって下さい。


「本当に暗記されているのか?心配だな」と思う方は一度「MR」キーを押してください。
「57600」と表示されます。しっかり記録されていますね。


次に34500×4の計算をします。答えは「138000」ですね。
そして「M+」キーを押します。


内部で57600+138000の計算がされてます。
そして「MR」キーを押せば答えの「195600」と表示されます。

 

最後に25600×3の計算をします。答えは「76800」です。

そして「M+」キーを押せば195600に76800が足されて「273400」になります。

「MR」キーを押して数字を確認してください「273400」になっています。計算終了。

 

もっと買うものがあるならこれを繰り返せばOKです。逆に引きたいなら同じ要領で

「M+」キーの代わりに「M-」キーを押せば電卓のメモリが引き算をしてくれます。

 

 

 

ここまで紙を使わずに計算できましたね!なんてエコなんでしょう!私はこれを知るまで紙に書いていました…
電卓からペンに持ち替える時間も無くなって効率もアップですね。一石二鳥です。


・おわりに

 

おいおい「GT」キーの説明は?と思われましたよね?
はい、ちょっとまだ使いこなせていないので使いこなせるようになったら書きます。


一見シンプルな電卓ですが、奥が深いですね。
良かったら記憶機能使ってみてください、すごく便利ですから!


ではでは、読んでくれてありがとう!