まだイケる。

So far so good.

非現実を求めて秘境駅巡りの旅に出た話

やぁ!Naonosukeだよ!

今回は中国地方に旅してきた事を書いていくよ。

 

※2017年2月に行ってきました。

 

 

20170611071113

 

 

 

目次

 

 

 

 

・はじめに

 

前々から秘境駅巡りをしたいな~とは思ってたのですが、

なかなか実行に移せずにいました。

 

しかしある日、まとまった時間が出来たので

「よし、旅に出よう!」と何の準備もしないまま旅に出ました。

 

 

・いざ、中国地方へ

 

20170610135530

 

朝8時に京都駅を出ます。

本当に何も計画してないので、ルートは電車の中で考えました。

 

 

・計画したルート

 

 

(※おおまかなルートです)

 

 

京都から新大阪までは新快速に乗り、

新大阪駅から岡山駅までは新幹線で行き、そこから北上して

秘境駅の宝庫である芸備線を目指します。

 

そして徐々に南下しながら広島へ向かうルートでございます。

普通に新幹線で行けば1時間半で行けるルートなのですが、

この旅では12時間もの時間を掛けて広島駅に向かいます。

 

 

・快適な旅

・非日常への切符

 

20170610154921

 

駅員さんに上記のルートの切符を売ってください。

と言ったら、「え?」みたいな顔をされましたが気にしない。

 

新幹線に乗り、岡山駅へ目指します。

この旅の中で最も快適な移動手段です。

 

 

 ・駅弁と特急とわたし

 

20170610155805

(桃太郎さんと岡山駅) 

 

岡山駅に着きました。

ここからは特急に乗り換え新見駅まで北上します。

山の中を通る路線なので、カーブが多いのですが、

さすが特急列車です。快適に乗ることができます。

 

 

 20170610155616

 

岡山駅で買った「たこ飯」を頂きながら特急に揺られます。

たこの味がちょうどいい具合に濃くてご飯がすすみます。

駅弁と特急の組み合わせだけで、すごく旅を味わうことができますね。

 

 

 

20170610161041

 

新見駅に着きました。

山間にある少し大きな町ってところです。

降りた特急は出雲へ向かい、私は広島へ向かう。

 

 

とても快適な旅でした、ここまでは。

 

 

・秘境駅巡り、それはトレッキング

・過酷な旅の始まり

 

トレッキング(英語:trekking)は、歩きのこと。登頂を目指すことを主な目的としている登山に対し、

トレッキングは特に山頂にはこだわらず、山の中を歩くことを目的としている言葉。ただし、結果的に行動の過程で、山頂を通過することもある。

トレッキング - Wikipediaより

 

秘境駅巡りにも自動車で巡るとか、自転車を持ち込んで巡るとか

色々な手段がありますが、今回私は徒歩で秘境駅を巡りたいと思います。

 

徒歩で巡るにしても、降りた駅を楽しんだ後

次の列車を待つという

手段が一番疲労が少なくて済みます。

 

しかし、この方法はそこそこ列車の本数が確保されているときにしか

通用しません。今回旅をする芸備線は区間にもよりますが

 

1日3本しか列車が走ってない。

 

とかよく分からない事になっているので、

自動車も自転車も無い私は歩くほか無い。ということです。

 

そして秘境駅は山間部に多いので、ウォーキングというよりは

トレッキングに近いものになってきます。

 

 

・最初の秘境駅、布原駅

 

 

新見駅から1駅先に布原駅という駅があるのですが、

普通列車も通過するレベルの秘境駅なので

(数本だけ止まります)

私は歩いていく事を決意します。

 

20170610163914

(駅前通を歩いていたらここに通じました)

 

 

先ほどの写真の時計を見ていただいたら12:13くらいなのが分かりますね。

次に布原駅に来る列車は13:07。

これを逃したら次は18:33まで待たねばなりません。

 

布原駅までの距離は6Kmらしいので、不動産屋で使われている

1km=12分の法則を使うなら72分掛かることになります。

そして忘れてはならないのが、ここは山間部。

坂道がめちゃくちゃ多いです。+α掛かるに違いありません。

 

もし平坦地と仮定して向かったら布原駅に着くのは13:25。

次の列車は13:07。あれ?

 

 

・列車に間に合う為に私が取ったたった一つの行動

 

 

この事に気がついたのは駅から歩き出して30分位経った頃でしょうか。

(歩きながら計算をしていました)

戻るにも時間が危ういし、進むにも時間が危うい。

そんな中で私が取ったたった一つの行動、それは・・・

 

見知らぬ土地をランニングする事でした。

 

はたして私は計算上では間に合わない列車に乗ることが出来たのでしょうか?

それとも間に合わず、潔く岡山駅に帰ったのでしょうか?

 

 

 

つづき

kinevel.hateblo.jp