まだイケる。

映画観て旅して人生を楽しく生きる雑記

[ネタバレ有]22年目の告白 ー私が殺人犯ですー 感想 元連続殺人犯はなぜ殺人をしたのか。

やぁ、Naonosukeだよ。

前回書いた「22年目の告白 ー私が殺人犯ですー」のネタバレ有感想を書いていくよ。

 

 

【注意】以下ネタバレあり。

 

 

 

 

 

※この記事はネタバレを含みます。

ネタバレを含まない感想はこちらの記事をどうぞ。

また、基本的なストーリーや話の概要も書いております。

 

kinevel.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

 

・22年目の真犯人

 

 

(人物を分かりやすくする為に役名で語っていきます)

 

私が22年前の連続殺人犯だと言う藤原竜也の前に藤原竜也は偽物だ。

俺が真犯人だ。と言い張る者が現れる。

 

 

当時の犯人は覆面マスクを被り、レインコートを着ていたので特定する事ができず、

他に真犯人だと言い張る人物が現れてもおかしくない状況です。

時効だから捕まりませんしね。

 

なので、真犯人だと言い張る人物が現れたときは面白い展開だなと思いました。

 

 

欲を言うなら現れた真犯人は1人だけだったので、もっと真犯人だと言い張る人物が

現れてゴタゴタする場面が観たいなと思いました。

 

藤原竜也は真犯人と言う事でメディアの出演や書籍の販売でかなり儲けていますから

お金目当てで真犯人だと言う人物が居てもおかしくないなと思ったので。

 

でも、ストーリーからは脱線するしこれはこれで良かったのかもしれませんね。

 

 

・"自称"真犯人の正体

 

 

結局"自称"真犯人が本当の連続殺人犯で、藤原竜也は被害者の恋人だと言うことが

わかります。

整形して犯人になりすまし、真犯人をおびき寄せる為でした。

 

トリックがわかり おぉ…‼ となるシーンですが、私の中では大きなモヤモヤがありました。

 

顔の整形は良いとして、

整形前はバリバリ関西弁だった青年が、整形後は何故か藤原竜也のあの演技になります。

 

私としては えぇ… とツッコまざる得ませんでした。

なぜ整形前とここまで差をつけたのかと。

 

 

無理やり理解するなら、

彼女を失ったショックで声までも藤原竜也になってしまったのかもしれません。

ほら、藤原竜也の声って闇に堕ちたような声じゃないですか。(褒め言葉です)

 

 

・トラウマとの葛藤

 

 

元連続殺人犯が犯行に至った理由として、過去に大切な人が目の前で絞殺された

トラウマから自分も絞殺で人を殺めるようになる。

 

快楽殺人のように報じられているが、犯人はどこか苦痛から解放されたそうに見えました。

 

藤原竜也と対峙するするシーンでは、運命を受け入れるかのように絞殺させようとしている

シーンが印象的でした。

 

そして、トラウマを与えた他者に殺人をさせることによって

自分の後継者にしようとしてるのかな?と思いました。

 

そして藤原竜也側は、もしかしたらまだ時効ではなく法で裁ける可能性がある事がわかります。

 

しかし目の前には自分の最愛の人を殺した殺人犯、

そして恨みを晴らすには十分過ぎる道具。

 

自ら裁くのか、法で裁かせるのか。

そんなジレンマに苦しむ描写がとても良かったです。

 

 

・気になったシーン

 

 

いくつかのシーンで流れるBGMなのですが、

どこかモールス信号のように聞こえるBGMがあります。

そもそも思い違いかもしれません…)

 

私はモールス信号を読めないので判別の仕様が無いのですが、もしかしたら何かメッセージでもあったのでしょうか?

 

・関連映画

 

 

韓国映画の「殺人の告白」という映画がこの映画と同じストーリーだそうです。

次は「殺人の告白」と見比べた感想を書いていきたいですね。

 

 

もう一つの記事の方でも言いましたが、文句無しで面白かったです。

興味を持って頂いたならぜひとも観に行ってほしいなと思います。

 

 

ではでは、読んで頂きありがとうございました。