まだイケる。

So far so good.

「この世界の片隅に」の舞台 呉の街を歩いてきた。

やぁ!Naonosukeです。

中国地方へ旅した記録の続きを書いていくよ。

 ※2017年2月に行ってきました。

 

kinevel.hateblo.jp

 

 

 

目次

 

 

 

 

始発に乗り遅れたが・・・

 

5時10分に起きてホテルを後にします。

 

f:id:luna_jack21:20170707180116j:image

 

昨晩この辺りは繁華街でかなり賑やかだったのですが、

嘘だったかのように静まり返っています。

 


f:id:luna_jack21:20170621103825j:image

 

繁華街から広島駅までが遠くて始発を逃します。

しかし、次の列車は20分後。

昨日まで列車が数時間に1本しか走ってない地域を旅していた私からすると

大都会という言葉以外思い付きません。

 

夜明けの呉


f:id:luna_jack21:20170710194616j:image

広島駅から約1時間程で呉駅に到着しました。

この時はまだ冬だったので車窓から見える夜明けの海がとても綺麗でした。

夜明けってどうしてこうも幻想的なのでしょうか。

 

そしてこの日は平日だったので、通勤客が多く始発から2本目にも関わらず

結構な乗車率でした。

 

 

そうです、呉と言えば映画「この世界の片隅に」の舞台ですね。

とはいえ、昨日から全くのノープランで来たので呉に何があるかよく分かっておりません。

 

流石に「この世界の片隅に」の舞台がそのまま残ってるとは思えませんし…

 

 

f:id:luna_jack21:20170710195049j:image

 

駅構内には「この世界の片隅に」のロケ地マップが貼られていました。

欲を言えばパンフレットで欲しかったのですが、写真を撮らせてもらいました。

便利な世の中です。

 

 

この世界の片隅

 

「この世界の片隅に」で印象的なシーンと言えば

高台から海を見下ろすシーンでは無いでしょうか?

 

近隣住民への配慮と言うことでロケ地マップには明確な場所が描かれていません。

私は映画とは関係なしにただ高台から海を眺めてみたかったので、

高台にある公園を目指しました。

 

肝心の公園は手入れがされておらず、景色を見る事は叶いませんでしたが、

公園の近くの道路から海を見下ろす事ができました。


f:id:luna_jack21:20170710195417j:image 

 

朝日と海を写しました。呉の朝です。

とてもいい雰囲気の場所なので近くまで来た際は是非ご覧ください。

 

※結構な坂を登らないと行けないのと住宅地なので車に注意してください。

 

 

呉の地形



f:id:luna_jack21:20170712084544j:image

 

駅前まで戻ってきました。

呉の地形は三方が山、一方が海という地形になっています。

 

呉駅から山側に向かえば住宅地、海側に向かえば街となっています。

 

 

f:id:luna_jack21:20170712084214j:image

 

私は何の知識もなく呉に来たので知らなかったのですが、

呉の街はオフィスが多いいわゆるオフィス街となっています。

 

思っていたよりも観光できるところは少なめでした。

(朝早いので閉まってただけかもしれませんが)

 
f:id:luna_jack21:20170712103900j:image


f:id:luna_jack21:20170712103927j:image

 

お腹が空いていたので何か食べようと思いましたが、

時間が早いのか(朝8時)どこも空いてなかったのでマクドナルドに入りました。

 

椅子に座って気付きました。

脚めっちゃ痛い!

 

昨日から酷使しまくっていたので、当然っちゃ当然ですが…

 

 

呉は想像よりも落ち着いた街でした。

そして戦前は賑わっていたという面影も確認できませんでした。

 

私は呉駅を後にして、呉線瀬戸内海巡りの旅を満喫する事にしました。

 

 

次回は「たまゆら」で有名な街、竹原の事を書いていきたいと思います。

 

 

つづき

kinevel.hateblo.jp

 

読んでいただき、ありがとうございました!