まだイケる。

So far so good.

ぶっちゃけキーボードの左側に無駄なキー多くない?「CapsLock」とか「Windowsキー」って必要?

どうも、Naonosukeです!

今回はk

 

いつもの様に記事を書き始めたNaonosuke。今日はカレーライスの記事を書くようです。

しかし今日はそんなNaonosukeに悲劇が起こる。

次の瞬間、彼の指は「A」キーの芯から少しずれたところに着地してしまい・・・

 

f:id:luna_jack21:20170809185330j:plain

 

kARE-RASUNITUITEKAITEIKOUTOOMOIMASU.

 

 

目次

 

おい!CapsLock !

 

f:id:luna_jack21:20170809190235j:plain

いっつもいっつも俺の邪魔をしやがって!いい加減にしろ!

 

彼とは長い付き合いで、私がPCを初めて使った頃からの付き合いなのでかれこれ13年にはなるかと思います。

 

そんな長い付き合いですが、彼は私に何ら利益をもたらしてくれたことがありません。

はっきり言おう、要らない。

 

 

左側の「Windows」キー


f:id:luna_jack21:20170809215606j:image

例えばフルスクリーンのPCゲームをしていてちょうどいい所で指が滑ってコイツを押してしまう。

草原の壁紙と無慈悲にも開くWindowsメニューと一気に現実に引き戻される自分が居るわけです。

 

なんでこんなゲーマー泣かせなところにお前は存在するんだ。

 

このWindowsキーを活用したことなんてありません。

使い勝手が悪すぎて結局マウスでスタートメニューを押しますからね。右ので十分です。

ぶっちゃけ、要らない。

 

 

対策方法

f:id:luna_jack21:20170810061810j:plain 

今までの私はCapsLockキーと左側のWindowsキーを引っこ抜いて物理的に利用できないようにしていました。

これで一応は誤って押すことは無くなりますからね。

 

でも、一番腹が立つのは一等地に無意味なキーが存在する事ですよね。

能力がないのに年功序列でそこそこの地位を得て会社の経営を脅かす無能な上司のようですよね。

 

こいつらを(物理的に)無効化することで一応の解決にはなりますが、一等地に空き地ができてしまう訳ですよ。

ターミナル駅なのに周辺にコンビニも銀行も無くて空き地しか無かったら不便で困るやん?なんか建てろよって思うやん?

 

 

私の仕事柄

 

f:id:luna_jack21:20170809220923j:plain

私は仕事柄「AUTOCAD」と「Illustrator」をよく使います。

使っている方ならわかると思いますが、常に左手はキーボード、右手はマウスが基本ポジションなんですよね。

 

にも関わらず、オブジェクトを削除する「backspace」キーや「Delete」キーって右側にあってどう考えても使いにくいですよね。

タイプミスで一文字消したい時に右手のマウスをキーボードに移して「backspace」を押していたら効率が悪いし何より体が疲れます。

最近は肩こりが酷いのでなるべく手を動かさずに操作するのが理想なわけです。

 

 

キーの機能を変えられたらなぁ・・・

f:id:luna_jack21:20170810062012p:plain

そこで思うのは「CapsLock」や「Windows」キーに違う機能を付けられたらなぁ・・・と言うことです。

Windowsの機能ではそういうったカスタマイズはできません。

しかし諦めないでください、良いフリーソフトがあります!

 

「KeySwap」を使おう

keyswap.softonic.jp

 

このKeySwapというソフトはキーの機能を変えてしまう。私のニーズを完全に叶えてくれる夢のようなソフトです。

対応OSにWindows10が書かれていませんが、問題なく使えます。

 

それでは変えていきましょう。

 

CapsLockの国外追放

 

それではCapsLockの入れ替えをします。

完全に無効にしても良いのですが、利用をしていないとはいえ彼とは長年の付き合いです。ここは国外追放で勘弁しておいてあげましょう。

 

f:id:luna_jack21:20170810062913j:image

 

スペースキーの右側あたりに存在するこいつら。

私は本当に使ったことがなくて存在すら忘れるキーです。

右はともかく、左の機能説明ができない…「半角/全角」キーと違うのか?

 

CapsLockさん新たな人生はここで送ってもらうことにしましょう。

そして元あったCapsLockの場所にはCtrlキーを設定しました。

これで「Ctrl+1」とか押す時に小指に負担をかけずに済みます。

 

 

キーボード左側の人事異動

 

f:id:luna_jack21:20170810062926j:plain

「無変換」キーにbackspaceキーの機能を持たせ、

「Windows」キーにはDeleteキーの機能を持たせました。

これで右手はマウスから離さずに左手だけでキーボード操作ができるようになりました。身体が楽だ。

 

「無変換」キーもWindows10になってからはtabキーで変換できるようになってイマイチいらない子になっちゃいましたよね。

 

 

Chromebookは有能。ユーザーのニーズを知っている

 

f:id:luna_jack21:20170810065420p:plain

 

Chromebookはユーザーのかゆいところに手が届くように設計されています。

デフォルトでキー変更ができます。

 

うん、Chromebook有能だ。

 
f:id:luna_jack21:20170810082224j:image

そしてこれ何のキーだっけ・・・?というキーが無く、必要最低限のキーのみ用意されています。

余計なものは持たない。機械ながら見習いたくなります。

 

 

まとめ

 

キーを変えると作業効率が上がって体が疲れなくなる。

自分の作業スタイルに合わせて1度見直してみると良いかもしれません。

 

私の仕事場のPCは自分に合うようにカスタムし過ぎたのでよく「君のパソコン使いにくいね」と言われます。

知ったこっちゃないです。時々しか使わないみんなの操作性より常時使う一人の効率性だと私は思うよ。

 

 

キー配列KeySwapの紹介でした。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

※画像の加工は以下のツールを使わせて頂きました。

lab.syncer.jp